2017年3月25日土曜日

2017/3/25 クロカン納め

滝野公園16キロコースを1周。湿雪が薄っすらと積もり、板が重たい。11月末飛鳥山で滑り始めてから約4ヶ月。湧別85キロまではトレーニングモードで、それ以降は短いシーズンを惜しみながら滑った。今村源吉先生の著書を今更ながら読み始め、奥の深さに触れている。夫のアウトドアへのスタンスもここに見る。学生時代に学んだことは人生の土台になるのだなあと思った。さて、明日からは自転車。

2017年3月11日土曜日

2017/3/11 滝野公園16キロ

 久しぶりに滝野のコースを滑る。湧別を終え、フォームに課題ありと思い、16キロコースを何周か滑って掴もうと思っていたけれど、いつも整備されている滝野には珍しく、圧雪車もモービルも走った跡なし。
 昨夜の雪がふんわりと積り10センチ弱の積雪。雪温も高めで、握りしめると水滴が落ちるくらい。
 一歩けりだしてはググっとブレーキがかかり、トップに雪が積もって重たいし、板が横滑りするしで、かなり辛い16キロでした。
 この状況はスノーハイクが適しているのではないか?でもまだもう少しクロカンをやりたいなあ。

2017年3月1日水曜日

2017年2月26日湧別原野オホーツククロスカントリースキー大会

 今シーズンのクロカンは年前の11月にスタートし、湧別までに417キロを滑った。パパ、膝の故障のため練習は一人でというのが今年の特殊事情。なんかとか頑張った。
 長距離乗っておけば自信につながるかと思いきや、いつも以上に緊張。スタート前、肩の力が抜けずに四苦八苦する。
 カウントダウンも号砲もなく、旗が振られるのを合図に静かにスタートというのが、朝7時半の北大雪スキー場にふさわしいと思う。
 スタート直後案の定焦って転倒する人がいたが、落ち着いて回避。7時間近く、85キロも走るのだから、色々と無駄に使ってはいけないのだ。体力も、気力も。
 気温は7:30北大雪で-17度、昼ころ遠軽で-4度。時々晴れ間があるものの概ね曇り。風があり、向かい風だったり、追い風になって後押ししてくれたり。そんな気象条件と、85キロ(Runtasticでの計測だと81キロ)の道のりで1100メートルを下り、体感的にはほぼ平坦という地理的条件と自分の身体的条件をずっと考えながらの6時間26分35秒だった。
 40台最後の大会で今までで一番の記録だったのは、ワクシング、遠軽での板の取替(前半のワックスはブルー、遠軽からはレッド)、適時のアドバイス、とパパのサポートのおかげが大きい。(で、なければ年相応に記録は下降していったものと思われる)
 昨年と何ヶ所かコースが変わったうち、丸瀬布・瀬戸瀬間は開通前の高速道路を使用。起伏や風が心配だったものの、4%、8%と下りが2箇所くらいあり、多少の足休め、補給ができた。風も横風または追い風基調。高所からの眺めは気分爽快だった。
 53キロの私設給食所を越え少し行った雑木林で、枝にとまっているオジロワシを発見!枝の下を人間が大勢通っていくのを気にする風もない、堂々とした姿に惚れ惚れした。
 給食所に行くたびにパパが待ち構えていて補給やアドバイスを受ける。いつも気持ちが萎える遠軽から先、特に上湧別給食所からの13キロ(Runtasticでは9キロ)もワックスの効いている板と声援のお陰で頑張れた。色々サービスを受けた中で極めつけは、ポイント39中土場川でのコーラの補給。飲んだ瞬間から目が爛々、パワー全開。ラスト4キロは猛ダッシュでゴール。効くんだなあ。
 完走できるのは当たり前のことではない。
 体調が崩れたり、ストックが折れたり、猛吹雪になったりと考えられるハプニングはいくらでもある。ゴール後に読んだ大会のパンフレットには昨年夏の台風で、大会開催自体が危ぶまれたとも書いてあった。
 ましてや「また来年も参加したい」と心地よく終えられたのは稀な事、幸せな事。
 多くの恵みに感謝。
 春、もうちょっと待ってー。もう少しスキーさせてー。

 
 

2017年2月19日日曜日

2017/2/18 北広山スノーハイク

14:00に駐車場を出て16:30に戻る。標高487メートル。頂上からは全方向に山々の頂が見え、「あれは藻岩山」「あれが焼山」と数えていけるのが素晴らしい。自衛隊のフェンスの彼方に苫小牧の煙突群が見えた。帰路スノーハイクで斜面を滑走。なんとも言えぬ面白さ。病みつきになりそう。

2017年2月17日金曜日

2047/2/17 父娘でスノーハイク

受験勉強で煮詰まっている娘は、父のススメに従って心と体の開放をしにスノーハイク。今日は動物の姿は見られなかったものの、巣穴を目撃したとのこと。

2017年2月13日月曜日

2017/2/11 紋別岳スノーハイク

人生初の雪山登山。紋別岳866メートル。車道を通る初心者向けコースとはいえ、天候によってはどうなるかわからないので、緊張感を持って登る。スノーハイクがコースにピッタリ合い、素晴らしい登山でした。下山の際のダウンヒルは支笏湖を眼下に見ながら。なんてリッチなんでしょう!

2017年2月4日土曜日

2017/2/4 滝野16キロ×2周

湧別に向けて長い時間を滑ろうと思い、3周を目標に滝野へ。9時過ぎに滑り出し12時に2周目を終えたところでロッジで昼食。さて3周目と思いコースに出たら、あらら、ロープが貼ってある。イベントのためコース閉鎖とのこと。ロッジ前ではポケモンショー。ピカチュウに負けました。